レンディング

HashHubレンディングを始めてみました。

BlockFiのレンディング年率がどんどん悪くなっていますね。

BTCなら0.1BTCまで年率4.5%、ETHなら1.5ETHまで年率5%。(2022年1月現在)

この利率までなら預けてもいいかなと思いますが、年率1%や1.5%ぐらいなら正直やらなくてもいいかなと思っちゃいます。

その代わり、USDTは40000USDTまで年率9.5%、40000USDT以上も8.5%なので、通貨によってはかなりいい利率のもありますね。

というわけでレンディング先を変えようと思ったのですが、前からずっと気になっていたHashHubレンディングという日本の会社を試してみようと思いました。

会社の概要、メリット、デメリットについてはわかりやすくまとめてあるブログがあったので、そちらのリンク先でも載せておこうかと思います。

https://ipomechanic.com/hashhub-lending/

こちらの方のブログ以上に書けることなんてありませんわ

HashHubの代表平野淳也さんは昔からブロックチェーン業界に知見があり、自分も昔からツィッターをフォローして、ツィートや諸々の情報を参考にしていた経緯があります。なので自分の中ではそれなりに信頼度が高い人の会社でもあります。

あと日本のサービスというのが何より安心ですね。

日本のレンディングサービスでこれ以上高水準の利率を自分は知らないので、これは試さない理由がありません。

と、いっても当然リスクが全くないわけではないので、あくまで使う予定のない暗号資産だけを預けるようにすればいいかなと思います。

2月からの利率はこんな感じ。

預入の上限はなし。

利率は月毎に変動し、少しずつ下がってきてはいるみたいですね。1月と比べると0.5~1%ぐらい下がってるようです。

まぁ、いつまでもこんな高利率が続くわけないですし、下がって当然でもあるので、逆にそれはそれで健全な感じもします。自分は旨味がある時だけ美味く利用できればいいかなと考えてます。

とりあえず0.5BTCと5ETHだけ預けて様子を見ようと思います!

では、また!

↓↓↓応援よろしくお願いします★

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA