FX

2021年2月18日USDJPY裁量トレード

ツィッターで先出し配信していたドル円の裁量トレードです。

結論から言うと狩られてしまいましたw

酒の肴きたー!!

はい、確かにエントリータイミングが微妙だったかなとも思いますが、まぁ、こういう負けトレードを反省して、次に活かすことの方が大事だと思うので、色々見返してみようかなと思います。

まずは4時間足で環境認識

4時間足で105.66辺りをブレイク。目線は上で買い場探し。

次に1時間足

買い目線のエントリー根拠として考えていた部分が・・・

  • 押し目買い候補となるサポートライン105.66辺り。
  • 1時間足でフィボを引くと50%辺り。

この2つの根拠を元に、青色の価格帯が反転するゾーンと考えエントリータイミングを計っていました。

と、ここまでは全然いいんですよ。

微妙だったのがエントリータイミング。

15分足でのエントリータイミングどうなの?

15分足の上矢印の箇所ですが、サポートライン105.66を明確に下に割りきることができず、力強い大陽線で若干揉みあったところを上抜けしたのかと思い、成行エントリーしてしまいました。

こんな感じですね。

まぁ、今改めて見直してみてもどうなんだろうと思います。

いや、そう思う時点でダメだということだと思いますw

元々は1時間足でエントリーしようかと考えてました。

1時間足で綺麗にブレイクしていったので、綺麗な押し目を作ったらいいなと思って見ていました。

105.17辺りを1時間足ベースでは上昇の始点と見ていたので、執行足として考えると・・・

  • エントリー:105.66
  • TP:106.22
  • SL:105.17

かなぁと。

うん、これなら負けてもしょうがないと、納得いくトレードでしたね。

結局、反省点としては・・・

今回1時間足でエントリーできなかった理由として、あまり綺麗な戻りではない印象を受けたことでした。時間がかかってダラダラと落ちてきてる印象とでもいうのでしょうか。

それが気になり、15分足で反転のサインが出るのを待ってしまいました。

反転のサインを待つこと自体は問題ないと思うのですが、それが引き金となり気持ちに余裕がなくなり下手なエントリーをしてしまう。

そう、これがダメだったところですね。

まとめると・・・

  • 1時間足でエントリーしようと考えていて、1時間足でのエントリーならば納得のいくトレード戦略がイメージできていた。
  • 1時間足の戻りを見ていい印象を受けなかったため、執行足の目線を15分足に切り替えた。
  • 気持ちに焦りが出たのか、15分足で確信が持てる場所で入ることができず微妙なエントリーとなった。

別に執行足を切り替えるのも、15分足でエントリータイミングを待つのも全然いいと思うのですが、

自分が納得のいく場面でトレードをしたわけではない

そう、これが今回の反省点です。

あれ?と思うのであればトレードしなければいいだけです。

いいと思える場面だけ厳選すればいいわけで、無理やりする必要なんて全くなく、それを選択できるのがトレードのいいところでもあり。

と、頭ではわかっていても中々できないのがトレードでもあるんですけどねw

結局言い訳か!?

というわけで、ドル円の買い場を探してましたが、微妙な感じになってきたので今回は一旦ドル円は終了とします。深追いする必要もないですからね。

また来週は別の通貨でいい場面があれば探していこうと思います。

では、また!

↓↓↓応援よろしくお願いします★

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA